モンテッソーリ教育とは | モンテッソーリ教育の幼児教室|あるぼーれモンテッソーリ幼児教室

数々の著名人を輩出している世界的な教育法

数々の著名人を輩出している
世界的な教育法

さまざまな業界で活躍するトップやエリートが子どものころからモンテッソーリ教育いう幼児教育を受けて育ったことをご存知でしょうか。

モンテッソーリ教育とは、イタリアの最初の女医となったマリア・モンテッソーリ博士が始めた教育法です。
モンテッソーリ教育は、心理学、教育学、脳生理学などの学問を背景に子どもの発育を科学的、文化人類的視点に基づき開発されました。

これはモンテッソーリメソッドと呼ばれ欧米を中心に世界中に広まり、現在も親や教育者そして子どもに広く支持されています。
幼少の頃に「モンテッソーリ教育」を受けた著名人にAppleのスティーブ・ジョブズ、Googleの創業者セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ、Amazonの創業経営者ジェフ・ベゾス、wikipedia創設者ジミー・ウェルズ、経営学者のピーター・ドラッカーなどが上がってきます。またアンネ・フランク、オバマ大統領、ウィリアム王子、ハリー王子など様々な分野で才能を発揮している方々がいます。


モンテッソーリ教育を受けた著名人
藤井聡太 四段(日本将棋連盟 棋士)
ラリー・ページ(Google創業者)
セルゲイ・ブリン(Google創業者)
ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)
マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)
ジミー・ウェールズ(Wikipedia創業者)
P.F.ドラッカー(経営学者)
バラク・オバマ(米国大統領)
クリントン夫妻(元米国大統領と国務長官)
ウィリアム王子とハリー王子(英国王室)
アンネ・フランク(アンネの日記)
ガルシア・マルケス(ノーベル文学賞作家)

モンテッソーリ教育を受けた著名人

藤井聡太 四段(日本将棋連盟 棋士)
ラリー・ページ(Google創業者)
セルゲイ・ブリン(Google創業者)
ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)
マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)
ジミー・ウェールズ(Wikipedia創業者)
P.F.ドラッカー(経営学者)
バラク・オバマ(米国大統領)
クリントン夫妻(元米国大統領と国務長官)
ウィリアム王子とハリー王子(英国王室)
アンネ・フランク(アンネの日記)
ガルシア・マルケス(ノーベル文学賞作家)




子どもの脳を刺激し、集中と自立を育てる
5つの教育分野

モンテッソーリ教育は、子どもの脳を刺激し発達を促します。
そのために五感や論理・感性をフルに刺激して活用する教育を実施して、子どもの成長を育てます。
脳を刺激するための教育には、次の5つの教育分野があります。




☑ 日常生活の練習

モンテッソーリ教育の基礎になる課目で、「運動の教育」として位置づけられています。 一つのことに興味を持ち繰り返し行うことによって生活上の基礎的技術を養います。自分の事は自分でできるようになり、独立心や自主性、協調性を育てます。また、本物の生活を練習することで、環境に適応し、うろたえず、自分らしく生きることができます。そして物事の順序性や調和、美的観念、物を大切にする心が育ってきます。



☑ 感覚教育

豊かな感性を育てることや、ものを考える方法を身につけさせることを目的とします。それらはモンテッソーリの考案した独特の教具や具体物に触れる活動をとおして体得できます。感覚は体験によってのみ発達し、感覚で得た印象を知性によって分類し、比較し印象づけ、整理し、関連づけます。感覚が洗練されればされるほど、印象は鮮明、正確、良質となり豊かな情報として記憶に残ります。



☑ 算数教育

抽象的、論理的な力を要求される「算数教育」では、特に具体物(算数棒、ビーズなど)を用いて量を体感させることから始め、系統化された多くの教具によって数のメカニズムを知り、次第に具体物を取り除いて抽象化へ移行します。 数量概念の基礎から十進法、加減乗除へと子どもを無理なく導きます。



☑ 言語教育

モンテッソーリは子どもの言語発達について、「名称(名詞)を知ることから始まり、その性質に関する単語(形容詞)に移り、ものの関係を表す単語(動画・助詞)に及ぶ」と考えました。言語教育では、絵カード、文字カードなど、それぞれの発達段階に即した教具を使い、話す、読む、書く等の作業を通じて語彙を豊かにすることを目指し、最終的には文法や文章構成へと進みます。そして子どものコミュニケーション力をつけて調和のある人格の形成を目指します。



☑ 文化教育

日常生活の練習、感覚・言語・算数教育の基礎の上に立って、文化の領域へと興味を広げていきます。歴史、地理、生物、音楽などを主な内容としますが、それらを体系的に学ぶのではなく身近な事物に触れたり、観察したりして、文化を獲得する態度を養います。また美しい豊かな心や愛の心を育てます。


整えられた環境

『あるぼーれ』では子どもたちに能動的に活動に取り組む自由を保障し、そのため「整えられた環境」を準備しております。
熟練の教師と一人ひとりの発達段階に合わせた教具を用意した環境で、大切なお子様の個性や自立心を育みます。様々な具体的な教材を通してお子様の学びたいという気持ちに応え、今と未来のための知力を向上させます。


☑ 子どもが自分で自由に教具を選べる環境。
☑ やってみたいなと思わせる、美しくて面白そうな教具。
☑ 社会性・協調性を促すための、異年齢混合クラス。
☑ 子ども一人ひとりの発達段階に適した環境と、子どもの自主性を援護する教師。


マリア・モンテッソーリが行った
お子さまの年齢に合った教育法

3歳までのお子様には

☆日常生活を教材化して自立の援助をします。 〇 あいさつをする
〇 身支度を一人で整える
〇 いすの座り方
〇 食事の仕方
  切る・貼る・塗る・つまむ・縫う等

自分の意志で何かをする、やりたいと思った時は「学びたい」欲求が芽生えているのです。 日常生活の一つひとつの行為が自分でできるようにすることは、初めての学びを与えることになります。ここで上手く援助できなければ学習意欲が欠けてしまいその後の学習能力に影響を及ぼすでしょう。
あるぼーれでは「初めての学びたい欲求」を最大限に満足させます。

3歳までのお子様には

☆日常生活を教材化して自立の援助をします。 〇 あいさつをする
〇 身支度を一人で整える
〇 いすの座り方
〇 食事の仕方
  切る・貼る・塗る・つまむ・縫う等

自分の意志で何かをする、やりたいと思った時は「学びたい」欲求が芽生えているのです。 日常生活の一つひとつの行為が自分でできるようにすることは、初めての学びを与えることになります。ここで上手く援助できなければ学習意欲が欠けてしまいその後の学習能力に影響を及ぼすでしょう。
あるぼーれでは「初めての学びたい欲求」を最大限に満足させます。

3歳から6歳までのお子様には

☆お子様お一人お一人を観察して整備された環境を作ります。 〇 今興味関心を持っているものでやや難しいものを準備します。
〇 自由に選べるように道具や教具を整理して棚に置きます
〇 考える力をつけます(一人で行えるように)
 分類する・集める・合わせる・並べる・比べる
   
☆お子様がひとりでできるようにお手本を見せます。 〇 お手本を見る→ミラーニューロンが働き鏡に映すように真似る→手順をワーキングメモリで記憶します。
 この時期に黙ってゆっくり動きを見せることで丁寧にみる習慣が身に付きその後説明すると聞く習慣も身に付くようになります。

☆自分で選択し行い集中し自分で終えるよう誰も邪魔しません。 〇 自分のやりたいことを誰にも邪魔されずにやりとげる場所です。
〇 幸福感を味わい他者の邪魔をしません
〇 達成感を味わい自信がつき新しい事にも挑戦できます
〇 困難なことも乗り越え失敗してもやり直します。
〇 さいごまであきらめない粘り強さが身に付きます。
〇 指示まちではなく自ら考え行動できる人となります。

3歳から6歳までのお子様には

☆お子様お一人お一人を観察して整備された環境を作ります。 〇 今興味関心を持っているものでやや難しいものを準備します。
〇 自由に選べるように道具や教具を整理して棚に置きます
〇 考える力をつけます(一人で行えるように)
 分類する・集める・合わせる・並べる・比べる
   
☆お子様がひとりでできるようにお手本を見せます。 〇 お手本を見る→ミラーニューロンが働き鏡に映すように真似る→手順をワーキングメモリで記憶します。
 この時期に黙ってゆっくり動きを見せることで丁寧にみる習慣が身に付きその後説明すると聞く習慣も身に付くようになります。

☆自分で選択し行い集中し自分で終えるよう誰も邪魔しません。 〇 自分のやりたいことを誰にも邪魔されずにやりとげる場所です。
〇 幸福感を味わい他者の邪魔をしません
〇 達成感を味わい自信がつき新しい事にも挑戦できます
〇 困難なことも乗り越え失敗してもやり直します。
〇 さいごまであきらめない粘り強さが身に付きます。
〇 指示まちではなく自ら考え行動できる人となります。